第1回 トムスラボ漫画大賞



『マタギの子作り』けいじろー



編集部講評

マタギと“ユーチューバー”という対極にある存在をバディにしている設定が秀逸。全体のテンポもよく、多少粗削りな点も含めてラストまで程よく転がして一気に読ませるパワーみなぎる作品でした。選考で有利に働いたのは、リアルに描かれている熊も含め、メインキャラクターが動いているところをもっと見たくなったという点。審査員全員が本作キャラクターの成長性とストーリーの発展性に良評価をつけ、見事、受賞となりました。


【期間限定】全ページ公開中


作品を読む

受賞作品のアンケートに答える




『モンスターシスター』渋柿流太郎



編集部講評

迫力のあるコマ割、構図、セリフの配置といったテクニック的な点で高評価でした。ストーリー構成においても、クリーチャーアクションと姉妹のドラマをシンクロさせ、上手にまとめています。結果的に世代や性別を問わず、多くの読者が楽しめる作品となっていました。画は発展途上ですが、今後の伸びしろに大きく期待できると判断し、受賞となりました。


【期間限定】全ページ公開中


作品を読む

受賞作品のアンケートに答える


『Life』日暮直輝



編集部講評

主人公の死神は普通のサラリーマン、しかも成約できない営業マンで守るべき家族もいる。家族を食わせなくてはいけないが、なんせ上手に売れない。その設定の妙と死神の悲哀に引き込まれました。コマ割含めてオフビートで展開していった点もテーマと相性良し。ラストまで読むとその意味に着地するタイトルも加点ポイントで、良作の作り手としての可能性を感じることができました。


【期間限定】全ページ公開中


作品を読む

受賞作品のアンケートに答える



 




②バトルシーン

『孫の恩返し』海琉



編集部講評

本賞の趣旨にもっとも合致した作品でした。アクションシーンを含む全ページにおいて見栄えよく、シンプルにかっこいい! カットごとに“見せる画”に対するこだわりを感じることができました。ラストまで気持ちよく駆け抜けて、もっと続きを読みたいという気持ちにさせるという点において、全投稿作品の中で一番だったと言えます。伸びしろのあるキャラクターの背景を掘り下げたくなる名場面でした。


【期間限定】全ページ公開中


作品を読む

受賞作品のアンケートに答える


③恋愛シーン

『100万回ハグしたかった』本山はな奈



編集部講評

切ない恋愛をしっとりと描きつつも、ファンタジーとしての完成度が高く、秀逸な短編作品でした。告白や別れなど恋愛ドラマのエッセンスをバランスよく味わえ、爽やかな着地まで用意してくれるきめ細やかさ。ファンタジー展開の仕掛けとピュアなキャラクターの組み合わせもきちっとはまって、満場一致の、とにかく読んでみて欲しい1本です。


【期間限定】全ページ公開中


作品を読む

受賞作品のアンケートに答える



 

両部門共通



『キミに至る』 龍星絡
『キミに至る』 龍星絡
●編集部講評
粗削りではありますが、非常にエモーショナルな作品。先が読めそうで読めない展開をキープできています。登場人物の背景がきちんと設定されていたので、一般的なタイムリープものでありつつ、主人公にしっかり感情移入できました。読後感も爽快で、次作が読みたくなるクリエイティブでした。
『やり直しの神様』 新堂 まこと
『やり直しの神様』 新堂 まこと
●編集部講評
目新しい設定ではないものの、安定した画力とストーリー展開で最後まで安心して読めました。神様が求めているのは誰のやり直しなのか、その点を丁寧に、キャラクターに寄り添って描いているので、作品の世界に引き込む力を感じます。子供の気持ちと親の気持ちに……泣けました!
『かぶきもの』 鷹野アオイ
『かぶきもの』 鷹野アオイ
●編集部講評
ストーリー展開、キャラクターの心情など、丁寧に描いている印象。画力は発展途上ですが、今作の中だけでも成長しており、大いに伸びしろを感じました。背景の描きこみ、主人公の表情などを高めていくことで、より読者に響く作品を目指せるのではないかと思います。

全体講評

第1回トムスラボ漫画大賞の開催にあたり、予想を大きく上回るたくさんのご応募をいただき、本当にありがとうございました! 編集チーム全員で全作品を3日徹夜しつつ読み、議論をかわし、喧々諤々……熱い熱い選考会を行いました。結果的に大賞は該当作なしとなりましたが、受賞作品だけでなくご応募いただいた全作品に対して、IP原作としての様々な可能性を感じることができました。

この結果を受けて、さっそく第2回トムスラボ漫画大賞の開催を決定&開始いたしました! 私たちは今後もたくさんの作品、作家さんに出会いたい。そして一緒にIP創出、育成していきたいと思っていますので、是非是非ご応募いただけると嬉しいです!
第2回もみなさんの熱い応募、作品をお待ちしています!!


第2回トムスラボ漫画大賞はこちら